犬ヶ岳はシャクナゲ盛りだった話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 犬ヶ岳はシャクナゲ盛りだった話

犬ヶ岳はシャクナゲ盛りだった話

シャクナゲ2

シャクナゲの開花は 裏年表年で随分差があります。
期待と不安の入り混じった気分で犬ヶ岳に向かいました。
雨の天気予報は外れて 晴れ男本領発揮です!(笑)
犬が岳新緑

新緑の樹林帯を抜け 稜線に出る頃にはシャクナゲ発見。

シャクナゲの花

当たり年の予感です。

犬が岳鎖場

笈吊岩の鎖場へ。
事故のニュースも記憶に新しく プレッシャーを感じながら見上げます。
古くから登られている方の鎖場コースは問題ないでしょう。
歩いて通過出来る 迂回路もあります。
鎖も新しい 灰色の岩場は迫力満点です。

トライする人 迂回する人。
トレーニング会参加組は 颯爽と灰色の岩場を登って行きました。
トライして 安全マージン取って途中撤退した方も。
しかし上部岩場で進退窮まった方もいて…。

レスキュー

レスキュー出動です。
僕自身は無駄に危険に身をさらさず 迂回路を歩こうと思っていたのに(笑)
岩場の上で ザイルをさばく事になってしまいました。

ジャクナゲトンネル

稜線はシャクナゲのトンネルコースになっていました。
青空バックにシャクナゲが鮮やかです。
開花は8~9分咲き。
枯れた花が殆どなく 赤い蕾がアクセントになって
最高の開花状況だったと言えるでしょう。

ミスシャクナゲ

この日見た中で最高のシャクナゲは この木でした。
開花状況 花付き具合 バランス 四方八方から見ても完璧です。

カギタニでした。


ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです