木曽駒ヶ岳登山のお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 木曽駒ヶ岳登山のお話

木曽駒ヶ岳登山のお話

千畳敷

7月例会のお話です。
右田山の会 初のアルプス遠征でした。
木曽の名山 木曽駒ケ岳と御岳山 まとめて登ってきました。
天気予報は雨の連休だったのに 意外にいい天気だったのです。


木曽駒ヶ岳編

ロープウェイの順番待ちの列は 木曽駒ケ岳登山シーズンの風物詩?(笑)
でも山麓の温泉ホテルで前泊すれば これを回避する裏技が有るのです。

朝一のロープウェイで千畳敷に到着。
到着が早いので 千畳敷でも 慌てずゆっくり支度が出来ます。

極楽平を目指す

小雨もチラチラ 雨具を着込むメンバーも。
稜線のテッペンには雲が掛かっていますが まずまずの天気。
千畳敷には たっぷりと雪が残っています。
今年は雪解けが遅いと聞きましたが 登山道には殆ど残っていません。
振り返れば南アルプスの山並みの間から富士山が見えます。

富士山と南アルプス


団体登山御一行様のお陰で ゆっくりペースが保たれて 息もきらさず稜線へ。
やっと暑くなったので フリースを脱ごうかと思ったら 冷たい風とポツポツと雨が。
ここまでは 傘をさしたり閉じたりして登ってきましたが
風も吹くので仕方なくカッパを羽織って レインスカートを巻きつけて終了。
あっという間に雨支度完了です。

木曽駒ケ岳山頂

中岳を越え 木曽駒ケ岳の山頂へ近づく頃 いつの間にか雨は上がり
山頂での時間を満喫出来ました。



タカネシオガマ

ヒメウスユキソウ


帰りは花の多い巻き道を辿ります。
花崗岩の岩場も楽しめます。


宝剣岳登る

次に登るのは宝剣岳!
山頂が近づくと 岩場が連続します。
皆さん 怖がるどころか 大喜びでした。

宝剣岳山頂直下

宝剣岳のテッペンは岩塔の上。
昔登って 下りるのに苦労した記憶があるので
山頂タッチだけにしておきました(笑)

宝剣岳山頂集合


しばらく止んでいた雨が降り始めたので とっとと下山。
こんな天気でも千畳敷の駅には 登山者 観光客が溢れんばかりです。
千畳敷からの下山も待ち時間無くロープウェイに乗れました。

御岳編に続く


ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです