伯耆大山登山のお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 伯耆大山登山のお話

伯耆大山登山のお話

夏山登山道森

7月例会
普通 登山においては 雨はありがたくない存在です。
猛暑を避けて早朝の出発を予定していたのに 朝方 結構な本降り。
出発時間を遅らせるしかありません。
ところが この雨が 実は恵みの雨になったのです。


階段 大山

ほとんど雨が上がるのを待って 夏山登山道へ7時頃出発。
十代の頃から 随分通った大山ですが
この頃は いつも「以前はこんなに階段ばかりの登山道ではなかった。」
の話をしながら歩いてしまいます。
本当に5合目半辺りまで ずーっと階段が続くのです。
登山道脇のアジサイが咲き 気をまぎらせてくれます。
アジサイ

6合目
やっと展望が開けます。
ここまで来れば大山は登ったようなもの(笑)
あいにく 稜線や北壁はガスの中。
豪円山など山麓も見事にガスの中。

8合目まで 天然岩の段々と急坂が続きます。
でも安心 一合ごとに休みながら 超のんびり登山です。
キャラボクと木道

少しガスが晴れ始めました。
ガスが風に吹きつけられると天然のミスト。
清涼感に救われます。

クガイソウ群落

ダイセンキャラボクの間に伸びる木道に乗ると 頂上まであと少し。
木道脇に広がる 整然と並んだクガイソウ群落がちょうど見頃でした。


弥山

全員揃って山頂到着!
頂上でお昼休憩をとっていると 青空も見え始めます。

別山

下山中 少しの間北壁のガスが晴れたり 元谷が見えたり
天候は回復に向かいました。
元谷 大山寺を経由して下山。
クガイソウをはじめ 沢山のお花に出会いました。

元谷下山

麓で聞いた話では 連日猛暑で登山も 大変だったそうです。
朝の雨のお陰で 猛暑から解放された 快適な登山となりました。

カギタニでした

ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです