痛快 ダツヤ山 登山のお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 痛快 ダツヤ山 登山のお話

痛快 ダツヤ山 登山のお話

ダツヤ山登山口

天気は前夜から雨。午後には回復見込み。
なかなか登る機会のないダツヤ山だけに 
参加者がお一人でもいらっしゃれば登る覚悟でした。
一方 不参加についても 遠慮のいらない状況にもかかわらず
なんと!? 雨降り登山参加者が 9名もいらっしゃいました!

看板は倒れ 藪が茂って 怖くて難儀な登山を想像させる登山口でも
10人で登れば勇気百倍です。




トラバス道

ダツヤ浴に沿って着けられた 踏み跡登山道は不安定で 
落ちたら只では済まない怖い場所が続きました。

踏み跡の道

これが結構楽しかったりします。

ダツヤ浴3

沢はきれいで 夏に登ってみたいものです。



ダツヤ浴2

谷筋が広がると クマザサをかき分けたり 沢を渡ったり
ダツヤ山に於いては 数少ない気楽に歩ける道に。
でも 2人とか 少人数で来なくて良かったと思える不気味さも(笑)


小滝

やがて 小さな沢を詰めて行きます。
その頃には雨も上がり 日差しも差し込みます。

藪急登

沢筋を外れると クマザサの急斜面に。
両手で木や枝や 笹をつかんで登り続けます。

トンネル道

稜線に出ると ようやく傾斜は落ちますが
相変わらずクマザサに覆われ 顔は上げられません。
潜り込む様に 踏み跡を辿ります。




ダツヤ山山頂

やっとの思いで辿り着いた山頂には 
辛うじて 三角点が顔を出す場所以外は クマザサに覆われていました。
それでも達成感一杯!
在り来りの里山登山10回に匹敵する 満足感でした。
山口県で 屈指の面白さと 難儀さの混在したダツヤ山です!

ダツヤ山集合写真


ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです