モンベル登山靴 テナヤブーツ - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » 登山用品の話 » モンベル登山靴 テナヤブーツ

モンベル登山靴 テナヤブーツ

__黒1

登山靴を新調しました。
モンベルのテナヤブーツです。

「2か所にリールアジャストシステムを搭載」
靴紐が無く つまみ(リール)を巻いたり開放したりするだけで
靴を履いたり 脱いだり出来る 便利な登山靴です。

これは便利な登山靴です。



登山口に到着して 出発前の靴の履き替えが あっという間。
下山後の履き替えも あっという間。
この速さ 誰にも負けません(笑)

黒4

山頂に着いた時 簡単に靴ひもを緩めたり 靴を脱いだり出来るので 
気軽に 登山靴の締めつけから足を解放。
下山開始前に履くのも とても簡単。

山小屋に到着したら 即靴が脱げるし
出発前に狭く 混雑した玄関で 苦労して靴を履く煩わしさから解放。
小屋の周りを散歩する時も サンダルと変わらない手軽さで履けます。


黒3

便利さは履いたり 脱いだりする時だけではありません。

歩き始めて 締め具合がきつかったり緩かったり
左右の感覚が違っていたり
そんな時 ワンタッチで調整をやり直せます。


テナヤ

雪山では無雪期と 靴紐の締め方を変えます。
雪の上では 地面を歩く時ほど 紐をきつく締める必要はありません。
気を付けないと 紐の締め過ぎが原因で 足先が冷たくなる事があります。
しかし 一旦ロングスパッツを装着してしまうと やり直すのも面倒。

テナヤブーツだったら スパッツ装着後の調整も手軽。
かつ 締め具合のデリケートな調整が 意図も簡単に出来てしまいます。
リールアジャストシステムは魅力が一杯です。

_黒 2




さて 登山靴選びで最も大切なのは 履き心地。
テナヤブーツの足型は3E 甲高。

既製品の靴が万人の足に合う訳はありません。
私自身も そのまま履いた時には 若干の不具合が有った事を白状します。



例えば私の場合
登山靴の中は つま先以外は全て 隙間なくフィットさせて履きます。

3Eは 幅広な私の足でも十分な広さでした。

しかし 甲は 高くないので 若干フィット感には欠けました。
リールを一杯に締めても 少し 踵の浮が気になりました。

そこで 中敷き(インソール)を重ねる事で 靴内の容積を調整し
甲の部分はリールを一杯に締めつけなくても フィット感を得られ
同時に 踵の浮きも解消しました。
靴下の厚さで調整するという方法も考えられます。


足首の包み込み感と 締めつけ感は合格点。


ハイカットの一番上の縁の当たり方はデリケートな部分。
ふくろはぎの筋肉のつき方にも 歩幅にも個人差があるので
同じ高さでも 感じ方は千差万別。
特に履き慣れていない新品の靴では 
痛くなったり 違和感が有ったりする事の多い部分です。

締めつけても 痛くないふくろはぎの位置に合わせる為に 
敢えて踵の高いインソールを使いました。
ふくろはぎの位置を調整すると同時に
くるぶしを押さえる効果も得られ 踵の浮きの解消にも貢献したようです。
踵(ヒールカップ)の納まりも良くなりました。 



テナヤブーツは アルプス縦走など 本格的な登山にも対応した
剛性の高い「しっかりした」登山靴です。

私は 何足かの登山靴を履き分けています。
このテナヤブーツ
使用回数を抑え 剛性を維持して 冬場中心に履くか
しっかり履きこんで 剛性より馴染みを引出し
より歩きやすい靴にして 通年履くか迷っています。

どちらの使い方でも 魅力的なので!




茶1

Men \20762(+消費税)

カタログ

Woman \20572(+消費税)


ブログパーツ


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです