A山でボルダリング教室のお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » A山でボルダリング教室のお話

A山でボルダリング教室のお話

Aぼるだー

アルプスの縦走など 時々岩場を通過する場面に遭遇します。
クライミングは非日常的な行動ですから 不慣れだと怖かったり危なかったり。
登山を安全で楽しいものにするために ボルダリング教室を行っています。
ボルダリングと言っても 装備はトレッキングシューズです!
楽しいハイキングに最適なA山では ボルダリングも楽しめます。


山頂の大きな石の周りには イマジネーションを働かせれば
無数のクライミングラインが引けます。

ボルダリングは入念なストレッチをして 易しいラインからトライ。
手足の使い方に慣れたら 少し手掛かりの小さい岩を登ってみましょう。

難易度が上がれば 岩の高さが150cmも有れば十分です。

コツを覚えたら 少し高さの有る 手掛かりの大きい岩にトライしてみましょう!
登攀技術は十分なのに 高さから来るプレッシャーを感じます。
メンタル面を克服する葛藤が やがてクライミングの快感に変わってきます。

Aぼるだー2

足がここだ 手がここだ 足が上がらない 手がたわ(届か)ない…と
皆さん わいわい言いながら 難しいラインが人気でした。



ところで 僕も今季はなかなか良い調子です。
モンベルのトレッキングシューズはソールのグリップがとても良く
外傾した小さなスタンス(足掛かり)でも 結構 足が止まります。

調子に乗り過ぎたのか 登ってる最中に手首が ピキッと言いました。
小さな割れ目に指先を掛けて登ったら 指は体を支えてくれていたのですが 
薬指の根元 手首の筋を痛めてしまいました。
多分 全治2週間くらいでしょう。(涙)


ボルダリングでは 技術の上達に 体が付いて来ないために
体を痛めてしまうことが有りますから 無理は禁物です。
2015.10.10



ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです