十方山はガスの中だったお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 十方山はガスの中だったお話

十方山はガスの中だったお話

落ち葉

天気予報は微妙です。
雨天中止か出発か 迷いましたが
前々日行った時の 芸北一帯の紅葉が見事だったので
ドライブだけでも価値が有ると思い 出発を決めました。


芸北の紅葉

車窓からの紅葉は見事でした。
中国自動車道を走り
戸河内ICから恐羅漢山 二軒小屋まで走ったので
ドライブとしては良い紅葉狩りでした。

天候を加味して ルートは最短コースに変更。
スタート地点の標高は800mで 紅葉はこの辺りがギリギリ。
小雨くらいは覚悟していたのに 日差しもチラチラ。
ほっとして登山をスタート出来ました。

紅葉赤

林道~緩やかな登山道。
足元は 石と湿気で歩き難い道でしたが ゆっくり歩けば気になりません。

ガスの山上

クマザサが目立ち始め 植林帯を抜ける頃には 雲の中に突入。
残念ながら 山頂はガスの中で何も見えませんでした。

十方山山頂

しかし 悪天候時の登山では学ぶものが有ります。
三方から登山道が集まる 特徴の無い平たい山頂は
どこから登って来たか 方向が分からなくなる可能性を
皆さんに実感していただきました。

十方山集合写真

言いぐさを並べても 登った山の姿が見えない登山は
どこか腑に落ちないものですね。

2015.11.7

ブログパーツ


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです