両子山が魅力的になったお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 両子山が魅力的になったお話

両子山が魅力的になったお話

エンブレム

峯道トレイルによって 俄然注目している国東半島。
その中心に鎮座するのが両子山。
しかしコンクリートの道のイメージが強くて
以前は あまり魅力を感じませんでしたが 今は違います!



峯道トレイルとは 豊後高田市熊野磨崖仏から 両子山まで
国東半島を渦巻状に伸びる 130kmを越えるロングトレイルです。

高速道路のお陰で 日帰り圏内となった国東半島。
刻みながら トレイルを繋いで歩きたいと思っています。

いきなりゴールインとなりそうな場所ではありますが
まずは皆さんに 峯道を知っていただきたく 両子山に行きました。

奥ノ院 両子山

名所旧跡 神社仏閣 石仏など ふれながら 
農道や林道 登山道を歩きます。
両子寺スタートゴールで 走水神社や奥ノ院を見ます。

両子山 登山道展望

展望の痩せ尾根有り

両子山登山道

稜線付近は急坂有り 


楽しい登山コースです。

豊後灘

山頂の展望は青い豊後灘を見下ろし
国東半島の山並み 由布岳など九州一帯の山並み
心地良い場所でした。

両子山集合写真


下山道は 針の耳 鬼の背割りなど命名された
奇岩を楽しみながら降りて行きます。

針の耳

山から帰り道 看板に興味を惹かれ
宇佐市で鬼のミイラ?を見ましたよ。

風景 歴史文化 登山 益々国東半島が好きになりました。

2015.12.19

ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです