白馬岳・不帰キレットのお話 - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 白馬岳・不帰キレットのお話

白馬岳・不帰キレットのお話

0不帰のキレット

日本三大キレットと言えば
穂高・槍ヶ岳の大キレット 五竜・鹿島槍ヶ岳の八峰キレット
そして白馬・唐松岳の不帰のキレット。

今回の白馬・唐松岳縦走で3つの課題が片付く参加の皆さんの為にも
無事キレット越えをしなくてはなりません。


1大雪渓

今年は例年に比べ 積雪が少なく 白馬岳の大雪渓も後退していました。
上部の小雪渓は 既に消えていました。
そんな状況でも 猛暑から解放される 大雪渓の中は天国です。
雪渓が終わるとお花畑が 急坂の苦しさを忘れさせてくれます。

2ヤマラッキョウ

やがて道が緩やかになると 山小屋はもう目の前です。
明日からの縦走に備えて 夕方 白馬岳山頂へ。
曜日も時間帯も良かったせいか いつも人で溢れる山頂が
貸切状態で 静かなアルプスの空気を満喫しました。


3白馬岳

翌日の天気予報は12時頃から雨予報。
足元が見え始めると同時に出発。
白馬岳の朝焼けや剣岳など北アルプスの風景を楽しみます。

4剣岳

これから向かう杓子岳 鑓ヶ岳も見えています。

5杓子岳

下から見上げると迫力満点の白馬鑓ヶ岳も登ってみると
意外に平凡なピークで通過点。

6白馬鑓ヶ岳




天狗の大下りは歩くより 眺める方が迫力ありますね。
あれは登りたくないって。
そして思うのです。今更引き返せない。これが不帰だなって。

7不帰Ⅱ峰

不帰のキレットの核心はⅡ峰の登り。
登る前に見上げる岩壁は人を寄せ付けない迫力。

8キレット梯子

クサリと梯子を伝って越えて行きます。
一番の難所は越えましたが 北峰頂上手前の岩が
一時降った霧雨で湿り 滑りやすくなっていた部分の方が危険でした。

9縦走岩稜

頂上手前は一部 ルートが崩落していたようです。

10北峰直下

降雨前にⅡ峰北峰に到着して一安心。
ようやく長休止をとって腹ごしらえ。

それ迄待っていてくれたかのように 雨が降り始めました。
暫くは雨具無しで我慢して 南峰 Ⅲ峰を経て唐松岳を目指します。
なかなか唐松岳に着かないので 途中 遂に雨具のお世話になりました。

11唐松岳集合写真

険しい山道は 登っている時の楽しさは たまりませんが
無事 目的地に着いた時の感慨もひとしおです。
唐松岳山頂で皆さんと 感激の握手を交わしました。
そして 唐松山荘を目の前にする頃 これまでの我慢が限界を超えたような
土砂降りの雨が降り始めました。
2016.7.17~18



ブログパーツ


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです