北海道を旅したお話  - 山の店右田(右田ヶ岳山麓)

山の店右田(右田ヶ岳山麓) ホーム » イベントの話 » 北海道を旅したお話 

北海道を旅したお話 

1道路

気まま旅編

北海道例会は 移動日を除けば 全て晴天に恵まれる幸運な旅になりました。
初日は旭川から網走へ雨のドライブ。
網走の夜は海鮮三昧の居酒屋宴会で更けていきました。
2日目は雨上がりなので 登山は延期して気ままな旅へ。


2ゲンセイカエン

とうふつ湖周辺の原生花園では
エゾスカシユリ ハマナス エゾカンゾウ クロユリなどなど

3エゾスカシユリ

4ハマナス

5エゾキスゲ

6コウリンタンポポ

沢山の花々を楽しみました。



オシンコシンの滝に立ち寄り 知床五湖へ。

11知床五胡

入山が有料になったり、立派過ぎる木道が以前より伸びていたり
世界遺産に指定される意義って何でしょうね?

12知床峠・北方領土

知床峠からの北方領土や知床連山の展望は迫力&寒かった。
道路を走っていると ゆっくり景色を見たくなる様な
ここってポイントには 決して駐車場が有りません。
きっと 敢て そうしてあるのだろうと思います。

8開陽台

地球が丸く見える開陽台は 北海道の展望台の中でも
最も好きな場所の一つです。





13屈斜路湖

日本最大のカルデラ湖 屈斜路湖。
雄阿寒岳の山頂からも見えていました。





14トドワラ

4回目の野付半島は 過去の風景を忘れてしまうくらい違って見えました。
以前、フラワートレッキングの楽しめた場所は 随分様子が変わっていました。
トドワラへのハイキングコースが思いのほか長く
海風が冷たく 景色は殺伐として 新しい野付半島に出会った気分です。
対岸の別海町では パンダ模様のタンチョウ鶴を見かける幸運に恵まれました。





15霧多布湿原ワタスゲ

霧多布湿原が ワタスゲで真っ白に染まっている姿は圧巻です。

16霧多布湿原・流れる霧

霧が流れる霧多布湿原もロマンチック。

21エゾシカ

草原に目を凝らせばエゾジカの姿も。
霧多布岬は夏とは思えないくらい荒れていました。



北海道の道は 真っ直ぐに伸びていて 走りやすいのですが
郊外の道の路面は 一部を除いて凸凹に荒れています。
そんな荒れた道から ようやく解放されたのは 帰りの移動日
大雪山麓を抜ける 北海道国道一高い 三国峠に辿り着いてからでした。





22キャンピングカー

天候に応じて 興味の赴くままの旅が出来たのは キャンピングカーのお陰。
毎日車中泊する訳ではありません。
毎日 各人の希望で宿泊方法を選びます。
お陰で 温泉ホテル ユースホステル ペンション ビジネスホテル
色んな場所に泊まれました。

23ユースホステル

24ロッジ

25エゾリス

また 道の駅と温泉には事欠かないので 車中泊も快適です。






26ウニ・イクラ丼

食事も旅の醍醐味。
港の食堂に ウニ丼 ウニいくら丼を食べに行ったり
港町の食堂でえびラーメンや帆立天丼を食べたり、
人気の回転寿司屋に行ったり 街の居酒屋に行ったり
うに すじこ かに えび ほたて ほっけ、、、と口走りながらの旅です。
宿に泊まれば黙っていても 安くて美味しい北海道グルメ三昧です。



何もかも 書き切れないくらい盛り沢山の旅でした。
登山編に続く
2017.6.25~7.2

ブログパーツ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです